おすすめツールを使った季節のレシピ レシピトップへ

紫芋のあん食パン 2010年1月レシピ

紫芋のあんこを層にして織り込んでいます。
まるでデニッシュの用なしっとりとした仕上がりです。
スルトン1斤食型を使用することで、型につきやすい生地でも型離れがよくきれいに焼き上がります。

■材料 1斤分
材料名 ベーカーズ% 分量
強力粉 100% 200g
ホシノ酵母生種 8% 16g
1.5% 3g
砂糖 6% 12g
無塩バター 6% 12g
56% 112g
紫芋あん 75% 150g

作り方手順

<ミキシング>
紫芋あん以外の材料を合わせて表面が滑らかになるまで捏ねる。

<一時発酵>
常温で3~4時間おいて1.5倍程になったら冷蔵庫に入れて一時発酵を
とる(10時間以上48時間以内)


<成型>

  1. 生地を麺棒で25×15cmの長方形にのばして手前から2/3ほどにあんの1/2量を均等に塗る。奥、手前の順に生地を3つ折にし、向きを変えて縦長におく。麺棒で伸ばし、残りのあんを同様に塗り再び3つ折にし、向きを変えて縦長に置き20×15cmに伸ばす。
  2. 横長におき、縦に6等分に切ったら、それぞれ軽く引っ張りながら20cmの帯状に伸ばす。
  3. 3本一組で三つ編みを作り、くるりと巻いて綴じ目下にして型にふたつ並べる。

<最終発酵>
型の8割まで最終発酵をとる。(32度80分~)

<焼成>
フタをして150度で15分、200度で15分焼く。




矢島南弥子先生

矢島南弥子先生

プロフィール
フードコーディネーターとして企業や店舗向けのレシピ制作や広告撮影、レストランやホテルフェアの監修などに携わる。またベーカリー勤務の経験を活かしホシノ天然酵母を使ったパン教室Café AQRIを主宰している。

資格
管理栄養士、フードコーディネーター



2010年1月レシピ
紫芋のあん食パン にんじんとココアのモーニングブレッド