おすすめツールを使った季節のレシピ レシピトップへ

シナモンロール 2010年5月レシピ

リッチなブリオッシュ生地に、クリームチーズ、シナモン、ラムレーズンをロールしました。翌日もトーストなしでしっとりと深い味わいです。
■使用した型
合せトヨ型スリム


■材料 1本分
材料名 ベーカーズ% 分量
強力粉 100% 150g
砂糖 10% 15g
1% 1.5g
ホシノ酵母生種 8% 12g
10% 15g
生クリーム 15% 23g
仕込水 30% 45g
バター(無塩) 6% 9g
甘納豆 26% 39g
〈シナモンシュガー〉   
黒糖(粉末) 15g
シナモン 1.2g
〈フィリング〉      
クリームチーズ 50g
ラムレーズン 45g

作り方手順

<下準備>
●黒糖とシナモンは合わせておく。
●型にオイルを塗っておく。

<ミキシング>
強力粉~仕込水までを合わせて7割ほど捏ねたらバターを加えて表面がなめらかになるまで捏ねる。

<一時発酵>
常温で3~4時間おいて1.5倍程になったら冷蔵庫に入れて一時発酵を
とる(10時間以上48時間以内)


<ベンチタイム>
冷蔵庫から出して常温に60分程おいたら、ふんわり丸めて30分ベンチタイムをとる(32度80%)

<成型>
20×23cmに麺棒でのばしたら、手前にクリームチーズをしぼり(直径約1.5cm)、シナモンシュガーをまぶしてからラムレーズンを並べる。並べて手前からのりまき状に巻いてとじ目を閉じて型に入れる。

<最終発酵>
蓋をして最終醗酵をとる。80分くらいにそっと蓋をあけて7割程上がっていればそのまま蓋をして90分まで醗酵をとり焼成へ。(32度90分)※80分であまり上がっていないようであれば長めにとります。

<焼成>
180度で20分、蓋をあけて焼きめが薄いようなら蓋を開けたままプラス5分焼く。




矢島南弥子先生

矢島南弥子先生

プロフィール
フードコーディネーターとして企業や店舗向けのレシピ制作や広告撮影、レストランやホテルフェアの監修などに携わる。またベーカリー勤務の経験を活かしホシノ天然酵母を使ったパン教室Café AQRIを主宰している。

資格
管理栄養士、フードコーディネーター



2010年1月レシピ
紫芋のあん食パン にんじんとココアのモーニングブレッド
2010年4月レシピ
桜のイングリッシュマフィン  新たまねぎの焼きカレーパン