おすすめツールを使った季節のレシピ レシピトップへ

ズコット 2010年7月レシピ

スポンジケーキを焼いておけば、材料は刻んで混ぜるだけのイタリアの気軽なデザートです。生クリームを凍らせた軽い食感のデザートはこれからの季節にもぴったり。コーティングのしっかりした型ですが、型抜きが心配な方はズコット型にラップを敷いておくとより安心です。
■使用した型
プロアスタードーム型 15cm


■材料 プロアスタードーム型 15cm 1本分
 材料名 分量
スポンジケーキ(直径18cmの丸型1台分)   
卵(Mサイズ) 3個
グラニュー糖 90g
薄力粉 80g
無塩バター 30g
シロップ   
グラニュー糖 15g
大さじ2
キルシュ 大さじ1/2
フィリング    
  生クリーム 200cc
粉糖 35g
スイーツチョコレート 70g
アーモンドスライス 30g
くるみ 40g
ブランデー 小さじ2
キルシュ 小さじ2


作り方手順

①スポンジケーキ作り
常温に戻した卵をボウルに入れて泡立て器で溶きほぐす。70度の湯せんにかけてグラニュー糖を2回に分けて加え、白くもったりするまで泡立てる。湯せんから外してさらにしっかり泡立ててたら、ふるった薄力粉を2回に分けて加え、ゴムベラで粉気がなくなるまで練らないように混ぜる。溶かしたバターを加えて手早く混ぜたら型紙をしいた直径18cmの丸型に流して180℃のオーブンで25分程焼く。

②フィリング作り
アーモンドとくるみは細かく刻んで天板に広げて、150℃で15分程から焼きしておく。スイートチョコレートは細かく刻んでおく。まず、生クリームに粉糖とブランデー、キルシュを加えて八分立てにしたら、アーモンド、くるみ、スイートチョコレートも加えてゴムベラでよく混ぜる。

③スポンジ生地のカット
スポンジ生地は厚さを1/2にカットしたら、1枚は幅1.2cm程に細長く切る。残りの生地はさらに厚さを1/2にカットしてズコット型でひとつ丸くくり抜いておく。


 

④仕上げ
シロップの材料は合わせてグラニュー糖が溶けるまで混ぜる。ズコット型に、細長く切ったスポンジ生地を焼き面が横になるように隙間なく並べる。内側面にシロップをたっぷりうってフィリングを全量詰めたらズコット型でくり抜いたスポンジ生地をのせておさえてシロップをうつ。ラップをかけて冷凍庫で5時間程冷やし固める

 
 


矢島南弥子先生

矢島南弥子先生

プロフィール
フードコーディネーターとして企業や店舗向けのレシピ制作や広告撮影、レストランやホテルフェアの監修などに携わる。またベーカリー勤務の経験を活かしホシノ天然酵母を使ったパン教室Café AQRIを主宰している。

資格
管理栄養士、フードコーディネーター


2010年5月レシピ 
イタリアンブレッド   抹茶と甘納豆の和風ロール  
シナモンロール        
2010年4月レシピ
桜のイングリッシュマフィン  新たまねぎの焼きカレーパン 
2010年1月レシピ
紫芋のあん食パン にんじんとココアのモーニングブレッド