中村 紀子(なかむら のりこ)

 97年〜お菓子教室に通い始める
 01年〜パン教室に通い始める
 03年〜04年12月まで、ABCクッキングスタジオにて、製菓製パンの講師
 04年〜ジャパンホームベーキングスクール教師認定
 04年2月〜自宅にて「Sweets&Bread*Soleado*」開催
 05年読売文化センター蒲田校・大森校にて、製菓授業担当

※詳しい教室の内容をお知りになりたい方はこちらまでご連絡下さい。

かぼちゃのバターケーキ
実りの秋です。秋のお菓子というとさつまいもやかぼちゃ、栗などが定番ですね。
今月10月31日のハロウィンにちなんで「かぼちゃのバータケーキ」をご紹介します。
ふんだんに高価な材料を使ったケーキーやパンは本職の人にお任せして、生活の一部に潤いが感じられる料理をモットーに考えてみました。どなたにも簡単に作れますよ。

                                            Sweets&Bread*Soleado*主宰 中村 紀子

この写真およびレシピの著作は
Sweets&Bread*Soleado*にあります。無断転写はご遠慮下さい。
 材料(かぼちゃ生地) 
アルミダイキャストプディング型(内径100×H48mm) 5個分
 A バター(無塩)……120g
 B メイプルシュガー……50g
   きび砂糖……………80g
 C かぼちゃ(皮なしで正味)…150g
 D 玉子LLサイズ2個……120g
 E 薄力粉………………180g
   ベーキングパウダー…3g
   オールスパイス……少々
 F 牛乳…………………45g
   洋酒(ブランデー)……20g
 G ナッツ類……………50g

 
材料(ヘタ生地)
 A バター(無塩)………25g
 B グラニュー糖………25g
 C 全卵LLサイズ1/2個…30g
 D 薄力粉……………75g
   ココア………………10g
   ベーキングパウダー…1g
 クッキー用 グラニュー糖…適宜
          かぼちゃ生地のポイント
Aのバターは常温で戻しておきます。

Bの糖類はなければ上白糖+グラニュー糖や、上白糖のみでも大丈夫です。上白糖は甘みが強いので、100g〜お好みで加減して下さい。

Cのかぼちゃは茹でてペースト状にします。水分が多い時は粉ふきにして水分を飛ばします。

Dの卵は常温にしておきます。

E粉類は合わせてふるっておきます。
香り付けのスパイスはシナモンパウダーでも良いでしょう。入れすぎにはご注意下さい。
洋酒はお好みのもので結構です。苦手な方は入れなくても大丈夫です。

Gのナッツは150℃のオーブンで、7〜8分空焼し、細かく刻みます。ナッツ類は刻んだかぼちゃや、刻んだ天津甘栗に変えてもおいしいですよ。

プディング型は溝が深いので、塗り残しがないよう、十分気をつけて油脂を塗ってくださいね。
型の下準備
プディング型を初めて使う場合は、よく洗い190℃のオーブンで30分程から焼きをしてから使いましょう。
分量外の油脂(バターを塗り、分量外の粉(あれば強力粉)をうっすらはたいておく
時間があれば冷蔵庫で冷やしておくと、いっそう型離れが良くなります。


かぼちゃ生地の作り方
@室温に戻したバターを大き目のボウルに入れ、白っぽくなるまでミキサーで混ぜ、しっかりと空気を含ませます。
AB
の糖類を加え、ジャリジャリした感じがなくなるまで良く混ぜる。


Bよく溶いた卵をごく少量ずつ注ぎ、卵液が見えなくなるまで良く混ぜて分離を防ぐ。同じく卵液を数回に分け入れ混ぜる。(この作業で明暗が分かれるので丁寧に行いましょう)
CCのかぼちゃペーストを加え、生地全体が黄色みかかるまで良く混ぜる。
DEの粉類を加え、切るように混ぜる。粉けがなくなったらツヤが出るまで少々しっかり目に混ぜる。
Eツヤが出たらFの液体を加え、マーブル状に混ぜる。
F好みのナッツを加え、全体に散らすように混ぜる(マーブル
状が消えるまで混ぜます)


G油脂を塗って、粉をふるったプディング型に均等に分け入れる。生地を流した後は、型を数回たたきガスを抜きます。
それとともに、振動で生地がおさまります。
 


H焼成はガスオーブンの場合180℃/10分⇒向きを変えて、170℃/10分〜、電気オーブンは10℃上げて焼成して下さい。火の通りが良いように天板でなく、網を使って焼成して下さい。
写真のようにこんなにプクプクと膨らみます。(生地の入れすぎには注意して下さいね)。

I焼成後は竹串などをさして、焼き上がりを確認します。竹串はゆっくり引いて、何もついてこなければ焼き上がりです。もし、ネトっとした生地がついてきたら、生焼けなので更に2分ほど焼きたしてみて下さい。再度、竹串で確認します。生焼けの時は短時間ずつ延長します。


J型を持てるようになったら、生地も冷めているので型から出して粗熱をとる。


Kお好みでシロップをふっても良いですよ。シロップはグラニュー糖と水1:1で沸騰させたもの。お酒好きさんはシロップの粗熱がとれたら、洋酒(今回はブランデー)を加えても良いですね。


L焼きあがったヘタ生地を4〜5cmにポキポキ折り、焼きあがったかぼちゃ生地にさしていきます。
ほら、本物のかぼちゃみたいでしょ〜♪


ヘタ生地の作り方
@ボウルにバターを入れる。白っぽくなるまでミキサーで混ぜ、しっかり空気を含ませる。
Aグラニュー糖を加え、ジャリジャリした感じがなくなるまで良く混ぜる。
Bよく溶いた卵をごく少量注ぎ、卵液が見えなくなるまで良く混ぜて分離を防ぐ。同じく卵液を数回に分け入れ、混ぜる。
C粉類を加え、切るように混ぜる。粉けがなくなったらツヤが出るまでしっかり目に混ぜる。
D生地をまとめ3等分にする(約50g×3個)


E1つはヘタ用に直径1cm程度に伸ばす。


F残り2つはそれぞれラップでサンドし、麺棒で2mmの厚さに伸ばして、30分ほど冷凍する。
ハロウィンクッキー抜き型セットを使用し、それぞれ抜き取る。お好みでグラニュー糖をふり、間隔をあけ天板に乗せたら焼成。ガスオーブンの場合170℃/7分⇒向きを変えて、150℃/3分〜、電気オーブンは10℃上げて焼成して下さい
焼成直後は生地が柔らかくて崩れやすいので、天板に乗せたまま冷まします。
アイシングで目鼻をつけたら、もっとリアルになりますね。