中村 紀子(なかむら のりこ)

 97年〜お菓子教室に通い始める
 01年〜パン教室に通い始める
 03年〜04年12月まで、ABCクッキングスタジオにて、製菓製パンの講師
 04年〜ジャパンホームベーキングスクール教師認定
 04年2月〜自宅にて「Sweets&Bread*Soleado*」開催
 05年読売文化センター蒲田校・大森校にて、製菓授業担当

※詳しい教室の内容をお知りになりたい方はこちらまでご連絡下さい。

ガトーショコラ
もうすぐヴァレンタインデーですね。
普段、お菓子作りは‥‥とおっしゃる方も、この時期は奮闘されている事でしょう。
そこで、今回はお菓子作りから遠のいていらっしゃる方やお子様でも簡単に作れるカードーショコラを提案させて頂きます。
ハートの型にたっぷり気持ちを詰め込んでプレゼントにどうぞ。

                                           Sweets&Bread*Soleado*主宰 中村 紀子

この写真およびレシピの著作は
Sweets&Bread*Soleado*にあります。無断転写はご遠慮下さい。
 
              材料
 
TPスタンダードハート型 2個分
ショコラ生地
A)バター(無塩)‥‥‥70g
B)グラニュー糖‥‥‥100g
C)玉子‥‥‥‥‥‥‥LL3個
D)バニラオイル‥‥‥少々
E)薄力粉‥‥‥‥‥‥20g
 ベーキングパウダー‥3g
 純ココア‥‥‥‥‥60g
F)生クリーム‥‥‥‥50g
 洋酒(ブランデー)‥‥3g
 転化糖(または水あめ)‥30g
G)クーベルチュール‥‥75g
 
          
      

ショコラ生地のポイント

1)バーターは常温にもどしておく。
2)玉子は卵黄と卵白に分けておく。卵黄は常温で、卵白は冷凍保存。
3)バニラオイルは入れ忘れないように卵黄か生クリームに混ぜておくと良い。
4)粉類は合わせてふるっておく(最低2回)。
5)生クリームは、沸騰直前まで温めておくと転化糖が溶けやすい。粗熱が取れたら洋酒を加える。好みの洋酒で良いです。苦手な方は入れなくても大丈夫。
6)クーベルチュールはミルクパンなど小さめの鍋に湯をはり、湯煎で溶かしておく。チョコに湯気が入ると味が落ち、冷めると生地が硬くなります。
  

ガトーショコラの作り方
1)大き目のボウルにバターを入れる。白っぽくなるまでミキサーで混ぜ、しっかり空気を含ませる。
2)グラニュー糖(半量)を加え、ジャリジャリした感じがなくなるまで良く混ぜる。
3卵黄を1つずつ加え、その都度良く混ぜる。
4)湯煎にかけたチョコを加え、マーブル状に混ぜる(写真)。


5)粗熱を取った生クリームを加え、チョコのマーブル模様がなくなるまで混ぜる。
6)粉類は再度ふるいながら加え、下からすくうように良く混ぜる。>ツヤがでるまで。E写真
 できたら、この間も湯煎であてておくと、生地がふんわり仕上がります。


7)冷蔵庫で冷やしておいた卵白とグラニュー糖の半量でしっかり角の立ったメレンゲを作る。>F写真
8)EにFのメレンゲを3回に分けて加える。
 1度目‥‥犠牲のメレンゲ>ホイッパーでしっかり混ぜる。
 2度目‥‥マーブル状に。
 3度目‥‥ゴムベラに変え、下からすくうように。


9)ツヤが出たら、用意しておいたTPスタンダードハート型に均等に流し、オーブンで焼成する。
 型にバターを薄っすら塗り、ハートデコ用敷紙を敷くと取り出しやすいです。(写真)
 

 焼成時間は
 ガスオーブンの場合)180℃/20分⇒向きを変えて、170℃/10分〜
 電気オーブンの場合は10℃上げて焼成して下さい。

 火通りが良いように、天板ではなく網を使って焼成して下さい。
 焼成後は竹串をさし、トロっとした生地がついてこなければ出来上がりです。

焼成後はすぐに型から出し、粗熱を取ります。
お好みでバニラアイスやホイップクリームを添えると、アツアツひんやりで美味しいですよ。
プレゼントの時は、粉糖をふりかけ、ラッピングでおめかししましょう。