レモンとジンジャーのケーキ

 
 橋本 道子先生(はしもと みちこ)

     講師プロフィール
 福島県生まれ

 天秤座・・・B型

 家族構成・・・寡黙な夫、天然不思議系の男の子1人

 趣味・・・・食べ歩き、ショッピング、読書

 資格・・・・薬剤師免許、調理師免許
 以前は、医療機器メーカーや調剤薬局に勤務。
 子供が生まれて、家にいる時間が増えたのを機に、お菓子作りに夢中になる。

 今田美奈子お菓子教室製菓コースディプロマ取得
教室を始めるまで   
子供が生まれてから、本格的に習い始める。
自宅に講師の先生を招いたり、託児つきのお菓子・フレンチの両サークルを立ち上げ、勉強を続ける。現在は東京にてプロのパティシエの講義を受けている。
講師経験 
 2003年から友人らにお菓子作りを教え始める。2年後に自宅を新築したのを機に、本格的にお菓子教室 「アングレーズお菓子教室」をスタート。
詳しくは橋本 道子先生のホームページをご覧下さい。

アングレーズお菓子教室ホームページ
http://www.k5.dion.ne.jp/~anglaise/index.html
※レシピ等のお問い合わせはご遠慮下さい。
 汗ばむ季節に爽やかな焼き菓子はいかが?
 生姜のすっきりとした香りに、レモンの酸味をきかせました。
 初夏らしくバラの焼型でつくりましょう。




※当ページ記載内容はすべて橋本 道子先生の直接の許可をいただいて掲載してあるものです。
※レシピ及び画像その他掲載内容は橋本道子先生に著作権があります。
印刷用レシピはこちらから→ 
(ファイル→印刷をお選び下さい)


 
材料 
 (ノルディック・スイートハートローズパン 
1台分)


 生地
 全卵(Lサイズ) 3個
 グラニュー糖 90g
 薄力粉   150g
 ベーキングパウダー 5g
 レモンの皮 1個分
 生姜の絞り汁 大さじ1
 無塩バター 70g

 グラス
 レモン汁 100cc
 アプリコットジャム(裏ごし)  100g
 ラム酒 大さじ2

 準 備
 ●薄力粉とベーキングパウダーはあわせて3回ふるう
 ●バターは60℃の湯煎で溶かし、保温しておく(湯煎のお湯はまた使うので多めに用意)
 ●レモンの皮はゼスターで刷る。
  (やっぱりレモンの皮はマイクロプレインですね。簡単できれいに、そして苦味も出ない優れものです。)

 


●型にはクリーム状にしたバターを刷毛で塗り、冷蔵庫で一度冷やし、その上から強力粉を薄くまぶす。

  

  使うときまで冷蔵庫に入れておく。
 ●オーブンは170℃に予熱。

 作り方
 1.生地を作る。ボールに卵を入れて軽くほぐし、グラニュー糖を加える。

 

   湯煎にかけながらホイッパーで混ぜ卵液が人肌になってきたら湯煎から外す。

 2.ハンドミキサーの高速で生地がもったりとして冷めるまで泡立て続ける。
   その間に湯煎でバターを溶かして保温しておく。
生地の泡立ての目安は羽を持ち上げたときに、泡がこもって
   すぐに落ちてこなくなる状態。
しっかり泡立ったら、ハンドミキサーを低速にして1〜2分、生地のキメを整える。

  


3.レモンの皮と生姜の絞り汁を加えて軽く混ぜ、そこに粉を加え、ゴムベラで切るようにさっくりと粉気がなくなるまで混ぜる。

  

 .人肌になったバターに3.の生地を少量加えてよく混ぜ、3.の残りの生地に戻してゴムベラで同様に混ぜる。
   バターを加えると泡が消えやすいので、手早く均一に混ぜていく。

  

 ..型に少しだけ生地を流し、型を台に2〜3回打ち付けて空気を抜く。残りの生地を12個分均等に流し、170℃で約20〜25分焼く。

  

 .グラスを作る。レモン汁とアブリコットジャムを小鍋に入れ、火にかける。沸いたら弱めの中火で3分間煮詰め、火を止めてラム酒を加える。

 

 .仕上げる。焼けた生地を型からそっと外し、ケーキクーラーに乗せる。
   ケーキが熱いうちに温かいグラスを刷毛でたっぷり塗る。半日〜1日程度おいて馴染んだ頃が食べ頃。