パンナコッタ・メロンゼリー添え

 
 橋本 道子先生(はしもと みちこ)

     講師プロフィール
 福島県生まれ

 天秤座・・・B型

 家族構成・・・寡黙な夫、天然不思議系の男の子1人

 趣味・・・・食べ歩き、ショッピング、読書

 資格・・・・薬剤師免許、調理師免許
 以前は、医療機器メーカーや調剤薬局に勤務。
 子供が生まれて、家にいる時間が増えたのを機に、お菓子作りに夢中になる。

 今田美奈子お菓子教室製菓コースディプロマ取得
教室を始めるまで   
子供が生まれてから、本格的に習い始める。
自宅に講師の先生を招いたり、託児つきのお菓子・フレンチの両サークルを立ち上げ、勉強を続ける。現在は東京にてプロのパティシエの講義を受けている。
講師経験 
 2003年から友人らにお菓子作りを教え始める。2年後に自宅を新築したのを機に、本格的にお菓子教室 「アングレーズお菓子教室」をスタート。
詳しくは橋本 道子先生のホームページをご覧下さい。

アングレーズお菓子教室ホームページ
http://www.k5.dion.ne.jp/~anglaise/index.html
※レシピ等のお問い合わせはご遠慮下さい。
バニラビーンズ入りの、なめらかな舌触りのパンナコッタにメロンのふんわりゼリーとまんまるメロンでアクセントをつけました。パンナコッタのウェーブ模様が涼しげでしょ?



※当ページ記載内容はすべて橋本 道子先生の直接の許可をいただいて掲載してあるものです。
※レシピ及び画像その他掲載内容は橋本道子先生に著作権があります。
印刷用レシピはこちらから→ 
(ファイル→印刷をお選び下さい)


 
材料 
 (プロアスターパウンドトヨ型 小 
1台分)

 
パンナコッタ
 牛乳  300cc
 生クリーム(35%) 300cc
 グラニュー糖 60cc
 バニラビーンズ 1/2本
 粉ゼラチン 13g
 水 70cc

 メロンゼリー
 メロン(正味) 250g
 粉ゼラチン  8g
 水 40cc
 グラニュー糖 30g
 キルシュ 小さじ1

 飾り
 メロン 適量
 ミントの葉 適量

 準 備
 ●パンナコッタとメロンゼリーの粉ゼラチンは、それぞれの分量の水でふやかしておく。
 ●バニラビーンズは鞘からはずしておく。
 ●メロンは果肉をミキサーにかけておく。
 ●ボールの底を冷やす氷水を用意する。

 



 作り方
 1.パンナコッタを作る。鍋に牛乳・生クリーム・グラニュー糖・バニラの鞘と種を入れて中火にかける。

 

   80℃くらいになったら火からおろし、ふやかしたゼラチンを加えてよく溶かす。
  

 2.1.を漉しながらボールに移し(溶け残ったゼラチンとバニラの鞘をとるため)、ボールの底を氷水で冷やしながら時々ゴムベラで混ぜ、トロミをつける。こうすることで早く固まり、また牛乳などの臭みも出にくくなる。

 


 3.水で軽く濡らした型に2.を注ぎ、冷蔵庫で2時間程度、しっかり固める。

 .メロンゼリーを作る。ピューレ状のメロンの半量とグラニュー糖を小鍋に入れ、中火で沸騰直前まで温め、火からおろす。そこにふやかしたゼラチンを加え、よく溶かす。

  

 .4.を漉しながらボールに移し、2.と同様に冷やす。軽くトロミがついたら残りのメロンピューレとキルシュを加えて混ぜる。(メロンはゼラチンを固まりにくくしてしまうため、二度に分けて加える)。バットに流し、冷やし固める。

   

 .盛り付ける。固まったパンナコッタと型の周囲を指で軽く離してから、皿を乗せて皿ごとひっくり返し型から出す。

 

 .固まったメロンゼリーはフォークでくずし、ふんわりさせる。飾り用のメロンはフルーツくり抜きで丸くくり抜く。
 

 .6.のパンナコッタの周りにメロンゼリーを添え、メロンとミントを飾る。