桃とクランベリーのアイスキャンディー

 
 橋本 道子先生(はしもと みちこ)

     講師プロフィール
 福島県生まれ

 天秤座・・・B型

 家族構成・・・寡黙な夫、天然不思議系の男の子1人

 趣味・・・・食べ歩き、ショッピング、読書

 資格・・・・薬剤師免許、調理師免許
 以前は、医療機器メーカーや調剤薬局に勤務。
 子供が生まれて、家にいる時間が増えたのを機に、お菓子作りに夢中になる。

 今田美奈子お菓子教室製菓コースディプロマ取得
教室を始めるまで   
子供が生まれてから、本格的に習い始める。
自宅に講師の先生を招いたり、託児つきのお菓子・フレンチの両サークルを立ち上げ、勉強を続ける。現在は東京にてプロのパティシエの講義を受けている。
講師経験 
 2003年から友人らにお菓子作りを教え始める。2年後に自宅を新築したのを機に、本格的にお菓子教室 「アングレーズお菓子教室」をスタート。
詳しくは橋本 道子先生のホームページをご覧下さい。

アングレーズお菓子教室ホームページ
http://www.k5.dion.ne.jp/~anglaise/index.html
※レシピ等のお問い合わせはご遠慮下さい。
まだまだ暑い日が続く時には、手作りのアイスキャンディーを。クランベリーとヨーグルトで、紫外線で疲れたお肌にも潤いが戻るはず。このキャンディーメーカーは、冷えやすく型離れが良い、優れものです。ほかにもお好みのジュースを凍らせたりして、色とりどりのアイスキャンディーが作れます!



※当ページ記載内容はすべて橋本 道子先生の直接の許可をいただいて掲載してあるものです。
※レシピ及び画像その他掲載内容は橋本道子先生に著作権があります。
印刷用レシピはこちらから→ 
(ファイル→印刷をお選び下さい)


 
材料 (クイックキャンディーメーカー 丸 6本分)
※廃盤商品のため、現在はお取り扱いしておりません。
 桃の缶詰(半割り) 2切
 プレーンヨーグルト 190g
 クランベリージュース(190g) 1缶
 フロストシュガー 30g
 (好みで)ピーチリキュール 小さじ1

     


 作り方
 1. 桃をフードプロセッサーまたはミキサーでピューレ状にする。

 


 2. 1.を大きめの計量カップ(写真はOXOアングルドメジャーカップ)に入れ(注ぎ口がついているので流し込むのに便利)、ヨーグルト、クランベリージュース、フロストシュガー、ピーチリキュールの順に加え、その都度よく混ぜ合わせる。
 

 3. 2.をキャンディーメーカーに注ぎ(桃の大きさにより、少し余る場合があり)、フタとスティックをセットして、冷凍室で凍らせる。
  

 .4時間以上して、しっかり固まったら、型から出す。

  

 ※ 型にも色々なアイスキャンディーのレシピが付いています♪