葡萄のクラフティ

 
 橋本 道子先生(はしもと みちこ)

     講師プロフィール
 福島県生まれ

 天秤座・・・B型

 家族構成・・・寡黙な夫、天然不思議系の男の子1人

 趣味・・・・食べ歩き、ショッピング、読書

 資格・・・・薬剤師免許、調理師免許
 以前は、医療機器メーカーや調剤薬局に勤務。
 子供が生まれて、家にいる時間が増えたのを機に、お菓子作りに夢中になる。

 今田美奈子お菓子教室製菓コースディプロマ取得
教室を始めるまで   
子供が生まれてから、本格的に習い始める。
自宅に講師の先生を招いたり、託児つきのお菓子・フレンチの両サークルを立ち上げ、勉強を続ける。現在は東京にてプロのパティシエの講義を受けている。
講師経験 
 2003年から友人らにお菓子作りを教え始める。2年後に自宅を新築したのを機に、本格的にお菓子教室 「アングレーズお菓子教室」をスタート。
詳しくは橋本 道子先生のホームページをご覧下さい。

アングレーズお菓子教室ホームページ
http://www.k5.dion.ne.jp/~anglaise/index.html
※レシピ等のお問い合わせはご遠慮下さい。
クラフティといえばチェリーが有名ですが、旬の葡萄を使って焼いてみましょう。熱々だとヤケドしてしまうので、少〜し落ちついた頃に食べてみて下さいね。また、しっかり冷やしてプリンのように食べるのも格別です!



※当ページ記載内容はすべて橋本 道子先生の直接の許可をいただいて掲載してあるものです。
※レシピ及び画像その他掲載内容は橋本道子先生に著作権があります。
印刷用レシピはこちらから→ 
(ファイル→印刷をお選び下さい)


 
材料 (エミール・アンリ角型ベーキング皿 M 1皿分)
 巨峰 10粒
 マスカット 15〜20粒
 全卵(Lサイズ) 1個
 卵黄 1個分
 グラニュー糖 50g
 薄力粉 20g
 牛乳 100cc
 生クリーム 100cc
 ブランデー 大さじ1

     


 準備
 ・巨峰、マスカットは半分に切り、種を取っておく。
 ・薄力粉はふるっておく。
 ・オーブンは200℃に予熱。
 ・湯煎焼き用のお湯を沸かしておく。


 作り方

 1. ボールに全卵、卵黄を入れ、ホイッパーで空気が入らないようにほぐす。

 2. グラニュー糖、薄力粉の順に加え、その都度、泡立てないように混ぜ合わせる。
   

 3. 牛乳、生クリーム、ブランデーを加えて混ぜる。
   

 . 3.の生地を一度漉す。
   

 5. ベーキング皿に種を取った巨峰とマスカットを並べ、4.の生地を流し込む。
 

 6. 天板にベーキング皿を置き、お湯を1〜2cm張り、200℃のオーブンで25〜30分、表面にこんがりと焼き色がつくまで焼く。
 


※ 葡萄を半分に切っているので多少、水分が多くなります。
   気になる方は、葡萄を切らずにクリップの先の丸くなっているところを葡萄に差し込み、種だけを取り除いて丸ごと焼き上げると良いでしょう。
※ 葡萄以外にも洋ナシのコンポート(缶詰でも可)などでも美味しく作れます。