ポップオーバー

 
 橋本 道子先生(はしもと みちこ)

     講師プロフィール
 福島県生まれ

 天秤座・・・B型

 家族構成・・・寡黙な夫、天然不思議系の男の子1人

 趣味・・・・食べ歩き、ショッピング、読書

 資格・・・・薬剤師免許、調理師免許
 以前は、医療機器メーカーや調剤薬局に勤務。
 子供が生まれて、家にいる時間が増えたのを機に、お菓子作りに夢中になる。

 今田美奈子お菓子教室製菓コースディプロマ取得
教室を始めるまで   
子供が生まれてから、本格的に習い始める。
自宅に講師の先生を招いたり、託児つきのお菓子・フレンチの両サークルを立ち上げ、勉強を続ける。現在は東京にてプロのパティシエの講義を受けている。
講師経験 
 2003年から友人らにお菓子作りを教え始める。2年後に自宅を新築したのを機に、本格的にお菓子教室 「アングレーズお菓子教室」をスタート。
詳しくは橋本 道子先生のホームページをご覧下さい。

アングレーズお菓子教室ホームページ
http://www.k5.dion.ne.jp/~anglaise/index.html
※レシピ等のお問い合わせはご遠慮下さい。
アメリカ生まれのお手軽パン。外はサクサク、中はモチモチのシュー皮のようなパンです。
ただ混ぜて焼くだけですが、中はしっかり空洞になるので、
お好みの具を、詰めたり挟んだりして、食事にもデザートにもバリエーションは無限です。




※当ページ記載内容はすべて橋本 道子先生の直接の許可をいただいて掲載してあるものです。
※レシピ及び画像その他掲載内容は橋本道子先生に著作権があります。
印刷用レシピはこちらから→ 
(ファイル→印刷をお選び下さい)


 
材料 
 
シリコンマートビックバーバー 8ヶ取 1枚分
 または
 ベイクウェアーマフィンパンケーキ 2枚分・12個分 2本分
            

卵(Mサイズ) 3個(150g)
ひとつまみ
無塩バター 15g
薄力粉(強力粉でもOK) 150g
ベーキングパウダー  1g
牛乳 300cc

     


 準備
 ・シリコンマートの場合はそのまま、ベイクウェアーの場合は薄くショートニングを塗っておく。
 
 ・卵は室温に戻す。
 ・バターは湯煎またはレンジで溶かしておく。
 ・薄力粉とベーキングパウダーはあわせて2回ふるっておく。
 ・オーブンは220℃に予熱
   
 
作り方
 1.ボールに卵を入れてホイッパーでほぐす。
 

 2.塩を加えて混ぜる。

 3.溶かしバターを少しずつ加え、よく混ぜる。
 

 4.ふるった粉を別のボールに入れ、3.の卵を3〜4回に分けながら加え、ゴムベラで混ぜる。
 

 5.4.に牛乳を少しずつ加え、さっくりと混ぜ合わせていく。もし、ダマがたくさん出来てしまったら、こし器でこす。

 6.生地を型に均等に入れる。その時、粉が沈みやすいので、混ぜながら入れること。
 

 7.型はできれば天板ではなく網に乗せ、220℃で10分⇒210℃で5分⇒180℃で15分〜焼く。
   焼き上がりのチェックは、しっかりと濃い焼き色がつき、底も焼けていること。(ビックバーバー型は大きいので、
   180℃にしてからしっかり乾燥焼きする) 焼きが足りないと取り出したときにしぼみます。
   また、焼き始めの方でオーブンを開けると、ぺしゃんこになるので、ガマンガマン!オーブンにより焼き時間は変わります。

 8.焼きあがったら型からだして、網に乗せる。焼き立てをどうぞ!
  


 食べ方アレンジ

柔らかく戻したクリームチーズに全ての材料を混ぜるだけ。
レタスなどと一緒にたっぷり乗せて。
   
クリームチーズと帆立のタルタル風 (作りやすい分量)
クリームチーズ 170g
帆立水煮缶(小70g) 1缶
玉ねぎのみじん切り  小1/2個
みじん切りピクルス(市販品) 大さじ2
レモン汁 小さじ1
塩・こしょう 塩・こしょう


イチジクは8等分にし、グラニュー糖を加えて、
泡立てた生クリームとストロベリーソースを添える。


イチジクとストロベリーソースのデザート (約4個分)
イチジク(生) 大1個
生クリーム 100cc
グラニュー糖 10g
ストロベリーソース(市販品) 適宜

※ マフィン型で焼いた場合は上にナイフを入れ、具を詰めます。
※ ビックバーバー型で焼いた場合は縦にナイフを入れて開き、具を挟みます。
   ビックバーバーはお食事にピッタリのサイズなので、
   ソーセージやたっぷりのサラダなどボリュームのあるものを挟んで食べると美味しいですよ。