グラニテ・オ・ポワール

 
 橋本 道子先生(はしもと みちこ)

     講師プロフィール
 福島県生まれ

 天秤座・・・B型

 家族構成・・・寡黙な夫、天然不思議系の男の子1人

 趣味・・・・食べ歩き、ショッピング、読書

 資格・・・・薬剤師免許、調理師免許
 以前は、医療機器メーカーや調剤薬局に勤務。
 子供が生まれて、家にいる時間が増えたのを機に、お菓子作りに夢中になる。

 今田美奈子お菓子教室製菓コースディプロマ取得
教室を始めるまで   
子供が生まれてから、本格的に習い始める。
自宅に講師の先生を招いたり、託児つきのお菓子・フレンチの両サークルを立ち上げ、勉強を続ける。現在は東京にてプロのパティシエの講義を受けている。
講師経験 
 2003年から友人らにお菓子作りを教え始める。2年後に自宅を新築したのを機に、本格的にお菓子教室 「アングレーズお菓子教室」をスタート。
詳しくは橋本 道子先生のホームページをご覧下さい。

アングレーズお菓子教室ホームページ
http://www.k5.dion.ne.jp/~anglaise/index.html
※レシピ等のお問い合わせはご遠慮下さい。
旬の洋ナシを使って、とろけるようなコンポートを作りましょう。
このコンポートにはグラニテ(粗めのシャーベット)というおまけが付きます。
素敵なシャンパングラスに盛り付けて、おもてなしのデザートにいかがでしょうか?




※当ページ記載内容はすべて橋本 道子先生の直接の許可をいただいて掲載してあるものです。
※レシピ及び画像その他掲載内容は橋本道子先生に著作権があります。
印刷用レシピはこちらから→ 
(ファイル→印刷をお選び下さい)


 
材料 
 
リビーグランデコレクション 8423 4個分
※廃盤商品のため、現在はお取り扱いしておりません。
            

ラ・フランス 2個
赤ワイン 200ml
200ml
グラニュー糖 100g
シナモンスティック 1本
レモン汁 小さじ2
6個分作る場合は、シナモンスティック以外の材料を1.5倍にする。

     


  作り方
 1.コンポートを作る。ラ・フランスはフルーツ芯抜きで芯を抜く。
    ナイフで縦半分に切り、取り除けなかった種などをフルーツポーラーでくり抜く。実を崩さないよう注意しながら、皮をナイフでむく。

  

 2.鍋に赤ワイン〜レモン汁までの材料を入れ、中火にかける。
    グラニュー糖が溶けるまで軽く混ぜたら、そのまま軽く沸騰させてアルコールを飛ばす。

 

 3.火を止めた鍋に、皮を向いたラ・フランスの芯のほうを下にして並べる。
    水で濡らし中央に穴を開けたキッチンペーパーで落し蓋をし、中火にかける。
    沸いてきたら弱火にして柔らかくなるまでコトコト煮る。(竹串がすっと入る程度。弱火で20分くらい)
    芯を下にして鍋に入りきらないときは、互い違いに並べて煮る。柔らかく煮上がったら、芯を下に並べ直し冷ますと、キレイに色が付きます。

 

 4.煮上がったら火を止めそのまま粗熱を取る。冷めたら一晩冷蔵庫に入れ味を含ませる。

 5.グラニテを作る。煮汁をバットに流し、冷凍庫で凍らせる。
    凍ったらフォークで細かく崩せば出来上がり。細かいグラニテにしたい場合はこの作業を2〜3回繰り返す。

   

 6.冷やしたグラスにグラニテを盛り、その上にコンポートを乗せて供する。

 
 ※鍋の大きさなどにより、煮汁が上までかぶらない場合は煮汁を1.5倍で作ってみてください。
 ※フルーツは、りんご、イチジクなどでも美味しく出来ますよ。