IHでおうち石焼ビビンバ

 
 橋本 道子先生(はしもと みちこ)

     講師プロフィール
 福島県生まれ

 天秤座・・・B型

 家族構成・・・寡黙な夫、天然不思議系の男の子1人

 趣味・・・・食べ歩き、ショッピング、読書

 資格・・・・薬剤師免許、調理師免許
 以前は、医療機器メーカーや調剤薬局に勤務。
 子供が生まれて、家にいる時間が増えたのを機に、お菓子作りに夢中になる。

 今田美奈子お菓子教室製菓コースディプロマ取得
教室を始めるまで   
子供が生まれてから、本格的に習い始める。
自宅に講師の先生を招いたり、託児つきのお菓子・フレンチの両サークルを立ち上げ、勉強を続ける。現在は東京にてプロのパティシエの講義を受けている。
講師経験 
 2003年から友人らにお菓子作りを教え始める。2年後に自宅を新築したのを機に、本格的にお菓子教室 「アングレーズお菓子教室」をスタート。
詳しくは橋本 道子先生のホームページをご覧下さい。

アングレーズお菓子教室ホームページ
http://www.k5.dion.ne.jp/~anglaise/index.html
※レシピ等のお問い合わせはご遠慮下さい。
IHでも使える石焼ビビンバ鍋。ちゃ〜んとお焦げも出来ちゃうんです。
鉄製なので石鍋よりも扱いが楽で家庭向き。もちろんガスやあらゆる熱源に対応します。
私はこの鍋で鍋焼きうどんや雑炊なんかも作って、鉄分を補給していますよ。



写真を触れて下さい。おいしい焦げ具合です。

※当ページ記載内容はすべて橋本 道子先生の直接の許可をいただいて掲載してあるものです。
※レシピ及び画像その他掲載内容は橋本道子先生に著作権があります。
印刷用レシピはこちらから→ 
(ファイル→印刷をお選び下さい)


 
材料 
 
IK 電調専科ビビンバ鍋 2人分
            

肉そぼろ 作り方は下記参照(出来合いのものでもOK)
ぜんまいのナムル 同上
人参のナムル 同上
ほうれん草のナムル 同上
豆もやしのナムル 同上
ご飯 お茶碗2杯分
コチュジャン 適宜
卵黄 2個分
韓国のり 小4枚
鍋用のごま油 適宜

     


  作り方
 1.鍋を中火で温めてしっかり高温にしてから、ごま油をキッチンペーパーにたっぷり染み込ませて、内側全体にしっかり塗る。

  

 2.ご飯が入ったお茶碗を鍋の中でひっくり返し、ご飯をこんもり盛る。

 

 3.ご飯の上にナムルを彩りよく並べ、中火のまま10分ほどかける。(IHの場合は火力が強いので焦げないように調整する)

 

 4.10分経ち、しっかり焼けたら火を止めて、卵黄、コチュジャンを乗せ、韓国のりを手で揉みながらかける。台の上に移し、よくかき混ぜて食べる。

  

肉そぼろとナムルの作り方

材料(約2人分が出来る作りやすい分量)

 肉そぼろ
牛または豚のひき肉 100g
ゴマ油 小さじ1
醤油 大さじ2
砂糖 小さじ1
おろしにんにく 少々

 ぜんまいのナムル
ぜんまいの水煮 150g
ゴマ油 小さじ2
醤油 大さじ1
コチュジャン 大さじ1/2
おろしにんにく 少々
白すりゴマ 大さじ1/2

 にんじんのナムル
にんじん 小1本
ゴマ油 大さじ1
白すりゴマ 大さじ1
おろしにんにく 少々
適宜

 ほうれんそうのナムル
ほうれん草 1束
ゴマ油 大さじ1/2
白すりゴマ 大さじ1
おろしにんにく 少々
適宜

 豆もやしのナムル
豆モヤシ 150g
ゴマ油 小さじ1
白すりゴマ 小さじ1/2
おろしにんにく 少々
適宜

作り方
1.
肉そぼろを作る。鍋にゴマ油を熱し、ひき肉を炒め、醤油、砂糖、ニンニクを加えて汁気がなくなるまで炒めていく。

2.ぜんまいのナムルを作る。ぜんまいは軽く水洗いをしてから、熱湯でサッと湯通しする。
   食べやすい大きさに切り、ゴマ油で炒める。ぜんまいがひたるくらいの水(分量外)と、醤油、コチュジャン、ニンニクを加えて、じっくり含め煮にする。
   煮あがったらすりゴマを加える。


3.人参のナムルを作る。人参は千切りにし、塩少々(分量外)を加えた熱湯でさっと湯がき、水気を切る。
   ボールに移し、ゴマ油、すりゴマ、ニンニク、塩で味を整え、手でよく揉みこんで味を馴染ませる。


4.ほうれん草のナムルを作る。よく洗ったほうれん草を、塩少々(分量外)を加えた熱湯でさっと茹で、水に取ったら水気を絞る。
   食べやすい大きさに切り、もう一度水気を絞った後、ボールに移し、ゴマ油、すりゴマ、ニンニク、塩で味を整え、手でよく揉みこんで味を馴染ませる。


5.豆もやしのナムルを作る。豆もやしを塩少々(分量外)を加えた熱湯で2〜3分茹で、水気を切る。
   食べやすい大きさに切ったらボールに移し、ゴマ油、すりゴマ、ニンニク、塩で味を整え、手でよく揉みこんで味を馴染ませる。