もみの木クッキー

 
 橋本 道子先生(はしもと みちこ)

     講師プロフィール
 福島県生まれ

 天秤座・・・B型

 家族構成・・・寡黙な夫、天然不思議系の男の子1人

 趣味・・・・食べ歩き、ショッピング、読書

 資格・・・・薬剤師免許、調理師免許
 以前は、医療機器メーカーや調剤薬局に勤務。
 子供が生まれて、家にいる時間が増えたのを機に、お菓子作りに夢中になる。

 今田美奈子お菓子教室製菓コースディプロマ取得
教室を始めるまで   
子供が生まれてから、本格的に習い始める。
自宅に講師の先生を招いたり、託児つきのお菓子・フレンチの両サークルを立ち上げ、勉強を続ける。現在は東京にてプロのパティシエの講義を受けている。
講師経験 
 2003年から友人らにお菓子作りを教え始める。2年後に自宅を新築したのを機に、本格的にお菓子教室 「アングレーズお菓子教室」をスタート。
詳しくは橋本 道子先生のホームページをご覧下さい。

アングレーズお菓子教室ホームページ
http://www.k5.dion.ne.jp/~anglaise/index.html
※レシピ等のお問い合わせはご遠慮下さい。
クリスマスには本物のもみの木のようなクッキーを手作りしてみましょう!
型抜きして焼いたクッキー生地をアイシングで組み立てます。
しばらく飾った後は、もちろんぜ〜んぶ食べられますので、お楽しみに♪




※当ページ記載内容はすべて橋本 道子先生の直接の許可をいただいて掲載してあるものです。
※レシピ及び画像その他掲載内容は橋本道子先生に著作権があります。
印刷用レシピはこちらから→ 
(ファイル→印刷をお選び下さい)


 
材料 
 
(高さ約20cmのツリー1台分
 もみの木ミルフィーユキット使用)            

クッキー生地
無塩バター 100g
グラニュー糖 120g
卵 (Lサイズ) 1個
ベーキングパウダー 3g(小さじ1)
薄力粉 300g
シナモン 小さじ2
ジンジャー 小さじ1
クローブ 小さじ1/2
アイシング
粉砂糖 200g
卵白 30g〜
レモン汁 1/2個分を用意
色粉(黄色・緑など)
少々
仕上げ
マーブルチョコ
好みのお菓子(アラザン等)
粉砂糖

     

クッキー生地材料


アイシング・仕上げ材料





  準備
 ・バター、卵は室温に戻す
 ・ベーキングパウダー、薄力粉、スパイス類は併せて3度ふるう
 ・天板にオーブンシートを敷く
 ・オーブンは使用する前に170℃に予熱

  作り方
 1.クッキー生地を作る。
   バターはホイッパーでふんわりとするまでかき立てる。そこにグラニュー糖を2回に分けて加え、その都度よく混ぜ合わせる。

  

 2.よく溶いた卵を4〜5回に分けて加え、更によく混ぜる。

 

 3.ふるった粉類を加えさっくりと混ぜ合わせて、粉っぽさがなくなったらラップに包み冷蔵庫で最低30分休ませる。
    (この状態で1〜2日保存できる。冷凍も可。)

  

 4.休ませた生地を半分に分け、それぞれ2枚のラップにはさみ、厚さ3mmに伸ばす。
    (時々ラップのシワを直しながら、伸ばしやすい状態にする。)
   途中、生地が柔らかくなったら、その都度冷蔵庫で冷やす。3mmになったら上のラップをはがし、キットの抜き型で全て2回ずつ抜き、
   周りの余分な生地は取り除く。オーブンシートを乗せた天板に間隔をあけて生地を移す。

  

  


 5.170℃のオーブンで13分から15分焼く。小さいパーツは10分程度で取り出しておく。焼けたら、網に乗せ冷ます。

  

 6.アイシングで模様を書き、組み立てる。粉糖に卵白とレモン汁少々を加え、よく混ぜ合わせ、ドロッとした固さにする。
   (柔らかいときは粉糖、固いときは卵白やレモン汁を加えて調整) アイシングに色をつけるときは、少量の水に色粉少々溶かし、
   それをアイシングに少しずつ加えて好みの色を作る。

  

  
 

 7.一番小さい星型のひとつに、黄色いアイシングで色付けして星を作り、乾かしておく。

 8.1枚の丸いクッキーを土台として置き、その上に固めに作った白のアイシングを乗せてもう1枚の丸を重ね、軽く押さえる。
    その上にも白のアイシングを置く。


  


 9.
一番下になる大きな星型のクッキーの周りに、スプーンやバターナイフを使って少し柔らかめの緑のアイシングを塗っていく。
    (後から雪などを重ねるので、そんなにキレイに塗れなくても大丈夫。)
    アイシングが乾かないうちに、丸い台に乗せて塗っていない場所を軽く押さえる。


 

 
 10.9.
の星型のアイシングの上に、マーブルチョコを3個乗せ、糊代わりの白のアイシングをチョコの上に乗せる。
    写真では緑のアイシングがついていますが、8.で使った固めの白いアイシングの方が、乾きが早いようです。


 

 
 11.9.〜10.
の作業を残りのクッキー生地で角の位置が交互にくるように繰り返す。
    一番小さい黄色い星を、白いアイシングで上に立てる。

 

 
 12.
白いアイシングを少し柔らかめにしてコルネに詰め、先端を切って好みの太さにしてからツララを付けたり、飾りを付けたりする。
     (アラザンをつける場合は、アイシングが乾かないうちに乗せる)


  

   

 


 13.
粉砂糖で雪を降らせ、ケースまたは透明な袋などに乾燥剤と共に保存する。1〜2ヶ月以上、保存可能。

 


※コルネの作り方
 
18cm×25cmのオーブンペーパーを斜めに切る。斜めの直線の1点を中心とし、三角錐を作り、
 まき終わりをきっちり織り込む。