赤ワインとチョコレートのケーキ

 
 橋本 道子先生(はしもと みちこ)

     講師プロフィール
 福島県生まれ

 天秤座・・・B型

 家族構成・・・寡黙な夫、天然不思議系の男の子1人

 趣味・・・・食べ歩き、ショッピング、読書

 資格・・・・薬剤師免許、調理師免許
 以前は、医療機器メーカーや調剤薬局に勤務。
 子供が生まれて、家にいる時間が増えたのを機に、お菓子作りに夢中になる。

 今田美奈子お菓子教室製菓コースディプロマ取得
教室を始めるまで   
子供が生まれてから、本格的に習い始める。
自宅に講師の先生を招いたり、託児つきのお菓子・フレンチの両サークルを立ち上げ、勉強を続ける。現在は東京にてプロのパティシエの講義を受けている。
講師経験 
 2003年から友人らにお菓子作りを教え始める。2年後に自宅を新築したのを機に、本格的にお菓子教室 「アングレーズお菓子教室」をスタート。
詳しくは橋本 道子先生のホームページをご覧下さい。

アングレーズお菓子教室ホームページ
http://www.k5.dion.ne.jp/~anglaise/index.html
※レシピ等のお問い合わせはご遠慮下さい。
ドイツで食べられている、赤ワイン入りのケーキをご紹介します。
ワインは出来ればフルボディの濃厚なものをご用意下さい。
日が経つにつれて、味が馴染んで美味しくなります。




※当ページ記載内容はすべて橋本 道子先生の直接の許可をいただいて掲載してあるものです。
※レシピ及び画像その他掲載内容は橋本道子先生に著作権があります。
印刷用レシピはこちらから→ 
(ファイル→印刷をお選び下さい)


 
材料 
 
プロアスターダイキャストプディング/ 小 使用
材料を倍量にすると、プディング大(21cm)で作ることが可能です。
焼き時間は50分〜1時間程度です。
            

無塩バター 75g
粉砂糖 75g
75g(Mサイズ1・1/2個分)
薄力粉 75g
ベーキングパウダー 4g
ココア 4g
シナモン 小さじ3/4
クローブ 少々
赤ワイン(A) 45g
クーベルチュール・スイートチョコ 15g
赤ワイン(B) 15g
溶けない粉糖 適宜

     










  準備
 ・バター、卵は室温に戻す。
 ・粉砂糖は1回、薄力粉からクローブまでの粉類は合わせて2回ふるう。
 ・スイートチョコは細かく刻みボールに入れ、沸騰直前まで温めた赤ワイン(A)を加えてよく溶かし冷ましておく。

  

 ・型に柔らかくしたバター(分量外)を刷毛で塗り、冷蔵庫で冷やす。
  バターが固まったら強力粉をはたき、 余分な粉を落としてから、使うまで冷蔵庫で冷やしておく。

  

 ・オーブンは170℃に予熱。

  作り方
 
1.ボールに室温に戻した無塩バターを入れ、マヨネーズ状になるまで泡だて器でかき立てる。

  

 2.粉砂糖を2回に分けて加え、その都度よくかき立てる。

   

 3.よく溶いた卵を3回に分けて加える。1回目は少量にし、良く混ぜ合わせて生地に卵を良く馴染ませる。
    (この作業が分離を防ぐコツ)2回目、3回目は残り半分ずつ加え、その都度良く混ぜ合わせる。
    この時、生地が分離したら、薄力粉をひとつまみ加えて混ぜると落ち着く)


   
   

 4.粉類の1/3をもう一度ふるいながら3.のボールに入れる。
    ゴムベラで切るようにさっくり混ぜ、粉気がなくなったら、冷ましておいたチョコ入り赤ワインの半量を加え、さっくり混ぜる。

   
  


 5.続いて粉⇒ワイン⇒粉の順で加えてその都度混ぜ、最後の粉を入れたら艶が出るまで練らないように切るように混ぜ合わせる。

   

 6.型に5.の生地を入れ、型を台にうちつけて空気を抜いてから、中心をへこませるようにならす。

  
 

 7.170℃のオーブンで30分〜40分焼く。

 8.オーブンから出して軽く落ち着かせたら、熱いうちに型から出し、ケーキクーラーに乗せる。
    すぐにケーキの表面に赤ワイン(B)を刷毛で塗り、そのまま冷ます。
    冷めたらラップでピッタリと覆い、2〜3日おいて馴染ませ、粉糖をかけて食べると美味しい。