アップルクランブルケーキ

 
 橋本 道子先生(はしもと みちこ)

     講師プロフィール
 福島県生まれ

 天秤座・・・B型

 家族構成・・・寡黙な夫、天然不思議系の男の子1人

 趣味・・・・食べ歩き、ショッピング、読書

 資格・・・・薬剤師免許、調理師免許
 以前は、医療機器メーカーや調剤薬局に勤務。
 子供が生まれて、家にいる時間が増えたのを機に、お菓子作りに夢中になる。

 今田美奈子お菓子教室製菓コースディプロマ取得
教室を始めるまで   
子供が生まれてから、本格的に習い始める。
自宅に講師の先生を招いたり、託児つきのお菓子・フレンチの両サークルを立ち上げ、勉強を続ける。現在は東京にてプロのパティシエの講義を受けている。
講師経験 
 2003年から友人らにお菓子作りを教え始める。2年後に自宅を新築したのを機に、本格的にお菓子教室 「アングレーズお菓子教室」をスタート。
詳しくは橋本 道子先生のホームページをご覧下さい。

アングレーズお菓子教室ホームページ
http://www.k5.dion.ne.jp/~anglaise/index.html
※レシピ等のお問い合わせはご遠慮下さい。
最近頂き物のリンゴがたくさんあって食べ切れない・・・
そんな時にぴったりの、一番出回っている「サンフジ」で作るケーキです。
垂直に深さのあるパウンド型なので、すっきりとした形に仕上がりおススメです!




※当ページ記載内容はすべて橋本 道子先生の直接の許可をいただいて掲載してあるものです。
※レシピ及び画像その他掲載内容は橋本道子先生に著作権があります。
印刷用レシピはこちらから→ 
(ファイル→印刷をお選び下さい)


 
材料 
 
オリジナル パウンド型(蓋なし) 200×70×H90 使用
            

リンゴのプリザーブ
サンフジ 小1個
グラニュー糖 大さじ1
レモン果汁 大さじ1/2
シナモン 小さじ1
ラム酒 大さじ1
クランブル
無塩バター 15g
グラニュー糖 15g
薄力粉 15g
アーモンドプードル 20g
バター生地
無塩バター 120g
ブラウンシュガー 100g
少々
卵(M) 2個(100g)
薄力粉 150g
ベーキングパウダー 小さじ1

     
ブリザーブ・クランブル材料


バター生地材料







  準備
 ・クランブルの無塩バターは1cm角に刻み、使うまで冷蔵庫で冷やしておく
 ・バター生地の無塩バターと卵は室温に戻す
 ・薄力粉とベーキングパウダーはあわせて2回ふるう
 ・型にはクリーム状にしたバターを刷毛で塗り、冷蔵庫で一度冷やし、その上から強力粉を薄くまぶす。使うときまで冷蔵庫に入れておく
 ・オーブンは170℃に予熱

  作り方
1.リンゴのプレザーブを作る。リンゴは薄いイチョウ切りにして鍋に入れ、その上からグラニュー糖、レモン汁、シナモンを振りかけてしばらくおく。
少し水分が出てきたところで中火にかけ、水分が飛んで柔らかくなるまで煮る。バットに広げ、ラム酒をふりかけて冷ます。

  

2.クランブルを作る。ボールに材料を全て入れ、指先でバターをすり込むようにしてそぼろ状にする。使うまで冷蔵庫で冷やしておく。

  

3.バター生地を作る。ボールに無塩バターを入れ、マヨネーズ状になるまで泡だて器でかき立てる。ブラウンシュガーを2回に分けて加え、その都度よくかき立てる。塩を加えて混ぜる。

  

4.卵を3回に分けて加える。1回目は少量にし、良く混ぜ合わせて生地に卵を良く馴染ませる。
(この作業が分離を防ぐコツ)2回目、3回目は残り半分ずつ加え、その都度良く混ぜ合わせる。
この時、生地が分離したら、薄力粉をひとつまみ加えて混ぜると落ち着く)

 

5.薄力粉をふるいながら4.のボールに入れる。
ゴムベラで切るようにさっくり混ぜ、粉気がやや残るくらいで1.のプリザーブを加える。
全体を混ぜ合わせ、つやが出るまで切るように混ぜる。

  

6.型に5.の生地を入れ、型を台にうちつけて空気を抜いてから、中央をへこませるようにならす。
その上からクランブルを散らし、170℃のオーブンで45〜50分程度焼く。

  
 
 

 
7.粗熱が取れたらすぐに型から出して、ケーキクーラーに乗せて冷ます。