紅茶のチェッカーケーキ

 
 橋本 道子先生(はしもと みちこ)

     講師プロフィール
 福島県生まれ

 天秤座・・・B型

 家族構成・・・寡黙な夫、天然不思議系の男の子1人

 趣味・・・・食べ歩き、ショッピング、読書

 資格・・・・薬剤師免許、調理師免許
 以前は、医療機器メーカーや調剤薬局に勤務。
 子供が生まれて、家にいる時間が増えたのを機に、お菓子作りに夢中になる。

 今田美奈子お菓子教室製菓コースディプロマ取得
教室を始めるまで   
子供が生まれてから、本格的に習い始める。
自宅に講師の先生を招いたり、託児つきのお菓子・フレンチの両サークルを立ち上げ、勉強を続ける。現在は東京にてプロのパティシエの講義を受けている。
講師経験 
 2003年から友人らにお菓子作りを教え始める。2年後に自宅を新築したのを機に、本格的にお菓子教室 「アングレーズお菓子教室」をスタート。
詳しくは橋本 道子先生のホームページをご覧下さい。

アングレーズお菓子教室ホームページ
http://www.k5.dion.ne.jp/~anglaise/index.html
※レシピ等のお問い合わせはご遠慮下さい。

クッキーのような市松模様の楽しいケーキはいかがですか?
この模様を作るには、キッチン工房オリジナルパウンド型を使います。
底から垂直に立ちあがるので、きれいで簡単に出来ますよ!




※当ページ記載内容はすべて橋本 道子先生の直接の許可をいただいて掲載してあるものです。
※レシピ及び画像その他掲載内容は橋本道子先生に著作権があります。
印刷用レシピはこちらから→ 
(ファイル→印刷をお選び下さい)


 
材料 
 
オリジナル パウンド型(蓋なし) 200×70×H90 2台分 
            

アーモンドプードル 140g
粉糖 120g
卵白(Mサイズ) 1個分
全卵(Mサイズ) 4個分
薄力粉 25g
コーンスターチ 25g
無塩バター 90g
紅茶パウダー(アールグレイ) 大さじ1/2
牛乳 大さじ1
バニラオイル 少々
クーベルチュール・ミルクチョコレート 150g
生クリーム 150cc

     




  準備
 ・卵白、卵、牛乳は室温に戻す。(冷たいと生地が分離しやすいのでしっかり戻す)
 ・薄力粉とコーンスターチはあわせて2回ふるっておく。
 ・無塩バターは湯煎またはレンジで溶かし、40℃くらいに温めておく。
 ・紅茶パウダーは牛乳で溶き、バニラオイルもあわせておく。

 

 ・ミルクチョコレートは溶けやすいように、細かく刻んでおく。
 ・型に柔らかくしたバター(分量外)を刷毛で塗り、冷蔵庫で冷やす。
  バターが固まったら強力粉をはたき、 余分な粉を落としてから、使うまで冷蔵庫で冷やしておく。

 

 ・オーブンは170℃に予熱。


  作り方
1.生地を作る。ボールにアーモンドプードル・粉糖・卵白を入れ、手でしっとりとひとまとまりになるまで混ぜ合わせる。

  

2.1.に全卵の1/4量を加えて、手で混ぜ合わせる。
  なめらかになったら、残りの全卵を3回に分けて加えながら、ハンドミキサーでもったりとするまで泡立てる。

   
  

3.2.にふるった粉を加え、ゴムベラでさっくり切るように混ぜる。
  温かいバターに生地をひとすくい加えて溶き、それを生地のボールに加えて手早くゴムベラで混ぜる。

   
 


4.3.の生地を半分に分け、一方に紅茶液を混ぜ合わせて、2色の生地を作る。
  それぞれを型に流して170℃で35分程度、生地が割れたところが乾燥するまで焼く。型から出して冷ます。

  
 

5.2つの生地の高さをそろえるように、上の部分は切り落とす。それから、それぞれを縦長に半分に切り、2本ずつ合計4本の棒状にしておく。

  


6.ガナッシュを作る。ボールに刻んだミルクチョコレートを入れ、沸騰直前まで温めた生クリームを回しかける。
  30秒ほど待って溶けかかったら、中心からホイッパーで乳化させ、なめらかにする。

   


7.6.を冷やしながらとろりとしたクリーム状に泡立てる。(冷やし過ぎたり泡立て過ぎると、固くなってしまうので注意)

 


8.ガナッシュを糊代りに4本の生地を市松模様に組み立てる。表面にもガナッシュを塗り、冷蔵庫で冷やす。

   


9.冷えたら、厚紙を細長く切りケーキの上に並べる。溶けない粉糖をかけて紙を取り外すとストライプの模様がつく。
  切り分けるときはナイフを軽く温めるときれい。食べるときは少し室温に戻して、ガナッシュが柔らかくなったところがおいしい。