青海苔のフィナンシェ

 
 橋本 道子先生(はしもと みちこ)

     講師プロフィール
 福島県生まれ

 天秤座・・・B型

 家族構成・・・寡黙な夫、天然不思議系の男の子1人

 趣味・・・・食べ歩き、ショッピング、読書

 資格・・・・薬剤師免許、調理師免許
 以前は、医療機器メーカーや調剤薬局に勤務。
 子供が生まれて、家にいる時間が増えたのを機に、お菓子作りに夢中になる。

 今田美奈子お菓子教室製菓コースディプロマ取得
教室を始めるまで   
子供が生まれてから、本格的に習い始める。
自宅に講師の先生を招いたり、託児つきのお菓子・フレンチの両サークルを立ち上げ、勉強を続ける。
現在は東京にてプロのパティシエの講義を受けている。
講師経験 
 2003年から友人らにお菓子作りを教え始める。2年後に自宅を新築したのを機に、本格的にお菓子教室 「アングレーズお菓子教室」をスタート。
詳しくは橋本 道子先生のホームページをご覧下さい。

アングレーズお菓子教室ホームページ
http://www.k5.dion.ne.jp/~anglaise/index.html
※レシピ等のお問い合わせはご遠慮下さい。


冬の終わりが近づくと、新物の青海苔が出始めますね。
今回は旬の青海苔を使ったフィナンシェをご紹介。
面倒な型の下準備は、シリコンの型を使うことで解消です!




※当ページ記載内容はすべて橋本 道子先生の直接の許可をいただいて掲載してあるものです。
※レシピ及び画像その他掲載内容は橋本道子先生に著作権があります。

印刷用レシピはこちらから→ 
(ファイル→印刷をお選び下さい)


 
材料 
 
シリコンマート ミディアムボート12ケ取り 
            

無塩バター 45g
卵白 2個分
グラニュー糖 50g
ハチミツ 大さじ1
アーモンドパウダー 30g
薄力粉 15g
ベーキングパウダー 1g
青海苔 1g

     




  準備
・薄力粉とベーキングパウダーはあわせて2回ふるい、そこにアーモンドパウダーを加えてさらに1回ふるう
・ボールに水を用意
・オーブンは180℃に予熱


  作り方
1.無塩バターを小鍋に入れて弱めの中火にかけ、濃いキャラメル色にしていく。
  ちょうど良い色になったら、なべ底をボールの水につけて温度がそれ以上上がるのを止めておく。
  使うときになべ底がまだ熱いくらいがちょうどいい。

   

  


2.ボールに卵白、グラニュー糖、蜂蜜を入れホイッパーで白っぽくなるまで混ぜ合わせる。

  


3.2.にふるった粉類を入れ、ホイッパーで粉気がなくなる程度に混ぜる。

 


4.3.に1.を茶漉しで漉しながら3回くらいに分けて加え、その都度混ぜ合わせる。

 


5.焦がしバターが全て入ったら青海苔を加えて混ぜ、型に流す。
  (卵白の大きさなどにより、生地が多少余ることがあります。
  その時は小さいアルミ型などに流して一緒に焼いて下さい)

   


6.180℃のオーブンで15分〜20分程度焼く。
きれいな焼き色がついたら型ごと網の上で1分程度おく
。1分経ったら型ごと網の上に返し、型をはがしていく。
フィナンシェを取ろうとすると、生地がはがれるので、型をはがすようにするときれいに取れる。

 
 
※青海苔の代わりに、ゆかり3gや黒すりゴマ5gなどでも美味しくできます。
  ※青海苔などの香りをもっと生かしたい時には、焦がしバターではなく、溶かしバター40gにすると良いでしょう。