ミルクゼリー

 
 橋本 道子先生(はしもと みちこ)

     講師プロフィール
 福島県生まれ

 天秤座・・・B型

 家族構成・・・寡黙な夫、天然不思議系の男の子1人

 趣味・・・・食べ歩き、ショッピング、読書

 資格・・・・薬剤師免許、調理師免許
 以前は、医療機器メーカーや調剤薬局に勤務。
 子供が生まれて、家にいる時間が増えたのを機に、お菓子作りに夢中になる。

 今田美奈子お菓子教室製菓コースディプロマ取得
教室を始めるまで   
子供が生まれてから、本格的に習い始める。
自宅に講師の先生を招いたり、託児つきのお菓子・フレンチの両サークルを立ち上げ、勉強を続ける。
現在は東京にてプロのパティシエの講義を受けている。
講師経験 
 2003年から友人らにお菓子作りを教え始める。2年後に自宅を新築したのを機に、本格的にお菓子教室 「アングレーズお菓子教室」をスタート。
詳しくは橋本 道子先生のホームページをご覧下さい。

アングレーズお菓子教室ホームページ
http://www.k5.dion.ne.jp/~anglaise/index.html
※レシピ等のお問い合わせはご遠慮下さい。

 ツルンとおいしいミルクゼリー。生クリームとバニラビーンズで、少し大人味。
 おへそが可愛いエンゼル型に流して、色々トッピングを楽しみましょう。




※当ページ記載内容はすべて橋本 道子先生の直接の許可をいただいて掲載してあるものです。
※レシピ及び画像その他掲載内容は橋本道子先生に著作権があります。

印刷用レシピはこちらから→ 
(ファイル→印刷をお選び下さい)


 材料 
 
アルミエンゼルケーキ型7.5cm ヘソ低10個分)使用 
            

牛乳 500ml
生クリーム 200ml
グラニュー糖 65g
バニラビーンズ 1/2本
粉ゼラチン 14g
75ml
 
キャラメルソース
グラニュー糖 120g
大さじ2
熱湯 120ml
 
好みのフルーツ 適宜

     





  準備
・バニラビーンズはさやを縦半分に割り、ナイフの先を使って種を取る。

 
 
・粉ゼラチンは分量の水に振り入れ、15分程ふやかしておく。

 

・大きいボールに氷水を用意する。


  作り方
1.ミルクゼリーを作る。鍋に牛乳、生クリーム、グラニュー糖、バニラビーンズの種とさやを入れ、
  中火にかけてグラニュー糖をよく溶かす。

 
 

2.溶けたらふやかしたゼラチンを入れ、混ぜながら溶かす。溶けたら漉しながらボールに移す。

   


3.2.のボールの底を氷水で冷やしながら、ゴムベラでそっと混ぜながら、軽くトロミがつくまで冷やす。

 


4.さっと水で濡らした型に3.を流し、冷蔵庫で1〜2時間しっかり冷やし固める。

 


5.キャラメルソースを作る。小鍋にグラニュー糖と水を入れ、全体をざっと混ぜる。
  鍋を中火にかけ、そのまま軽く色付くまで動かさないようにしながら熱する。
  鍋の周りに砂糖の結晶ができるようなら、水で濡らした刷毛で溶かす。

   


6.鍋の周りが色付いたら、ゆすって色が均等になるようにする。
  きつね色の手前で火を止め、余熱で色付ける。
  ちょうどいい色になったところで、木べらを通しながら熱湯を注ぎ、混ぜ合わせる。鍋から移し、冷ましておく。

  


7.固まったミルクゼリーは、型の周りを指でそっとはがし、皿の上にそっと斜めにするときれいに取れる。
  (取れないときは斜めにしながら指ではがすと大丈夫。
  それでもうまく取れないときは、型の外側をぬるま湯につける)窪みに好みのフルーツを飾り、
  周りにキャラメルソースを流す。

※型に流すときのトロミが足りないと、型から出した時にバニラの粒が上だけに集まってしまいます。
  バニラが全体に散るようなトロミにしましょう。
※このキャラメルソースはミルクゼリー用に水分の多いレシピになっています。