ふんわりやわらか角食パン

 
 橋本 道子先生(はしもと みちこ)

     講師プロフィール
 福島県生まれ

 天秤座・・・B型

 家族構成・・・寡黙な夫、天然不思議系の男の子1人

 趣味・・・・食べ歩き、ショッピング、読書

 資格・・・・薬剤師免許、調理師免許
 以前は、医療機器メーカーや調剤薬局に勤務。
 子供が生まれて、家にいる時間が増えたのを機に、お菓子作りに夢中になる。

 今田美奈子お菓子教室製菓コースディプロマ取得
教室を始めるまで   
子供が生まれてから、本格的に習い始める。
自宅に講師の先生を招いたり、託児つきのお菓子・フレンチの両サークルを立ち上げ、勉強を続ける。
現在は東京にてプロのパティシエの講義を受けている。
講師経験 
 2003年から友人らにお菓子作りを教え始める。2年後に自宅を新築したのを機に、本格的にお菓子教室 「アングレーズお菓子教室」をスタート。
詳しくは橋本 道子先生のホームページをご覧下さい。

アングレーズお菓子教室ホームページ
http://www.k5.dion.ne.jp/~anglaise/index.html
※レシピ等のお問い合わせはご遠慮下さい。

 
 家庭用の小さいオーブンでも焼ける正方形の角食パンです。
水あめと生クリームを使っているので、焼き色も薄く耳まで柔らかくしっとり仕上がります。




※当ページ記載内容はすべて橋本 道子先生の直接の許可をいただいて掲載してあるものです。
※レシピ及び画像その他掲載内容は橋本道子先生に著作権があります。

印刷用レシピはこちらから→ 
(ファイル→印刷をお選び下さい)


 材料 
角食パン型 120×120mm (底寸 110×110mmタイプ)
1台分
 

            

強力粉 250g
インスタントドライイースト 5g
上白糖 10g
水あめ 25g
5g
全卵 25g
生クリーム 25g
無塩バター 12g
125g

     





  準備
・全卵、生クリーム・無塩バターは室温にもどす
・全卵、生クリーム、水を合わせて温度を調整する(冬は30℃〜夏は5℃)


  作り方
ニーディング(こね) 20分
一次発酵 40分
丸め
ベンチタイム(休め) 20分
成形
仕上発酵 25〜30分
焼成 (ガス)170〜180℃ 30分
(電気) 210℃〜

1.ニーダーまたはHBのポットに粉を入れ、その上に時計周りにイースト、上白糖、塩、水あめを乗せる。
  (容器に付いた水あめは、分量内の少量の水で洗い流し、戻す)ゴムベラで全体をざっと混ぜたらスイッチを入れ、
  粉が回っているところに水分を注ぐ。混ざったら、バターを加えてそのままこねる。
  (冬は室温が低いので、10分ほど経ったら蓋をする。)
 
   
 


2.蓋をして一次発酵40分。生地が2〜2.5倍になったところで、指に強力粉をつけ、第二関節まで生地に差し入れる。
  穴が戻らなかったら発酵完了。(戻ったら発酵不足、生地がつぶれたら過発酵)

 
 


3.パンマットの上に生地を取り出し、生地の手前を両手で持ち、向こう側にたたむ。
  (写真は片手ですが必ず両手で優しく持つ)合わせ目を上にして90°角度を変えて同じように後3回たたむ。
  合わせ目を下にして両手の指先をあわせて向こうから生地を手前に引き丸めする。
  (こちらも片手の写真ですが、両手で行う)同じように角度を変えて4回引き丸めする。

   
 



4.そのまま、生地の上に乾いた布きんをかけ、その上に固く絞った濡れ布きんをかけて、ベンチタイム20分。


5.生地を裏返し、軽く押さえる。パン用麺棒で生地を傷めないように縦25cmの楕円に伸ばす。
  上より1/3を折り込み、手で軽く押さえる。下より1/3を折り込み。手で軽く押さえる。4.と同じようにベンチタイム5分。

   
  
90°角度を変えて、上から生地を張らせ気味にして巻き込んでいく。
両手で生地の左右を下に巻き込むようにくっつけてから、引き丸めを6回し、ショートニングを塗った型に入れる。
※初心者の方は、ベンチが終わって軽く押さえたら、引き丸め6回で型に入れても大丈夫です。

   
  


6.35℃で仕上発酵を25〜30分。型の8〜9割程度のところまで膨らんでいたら発酵終了。
  ショートニングを塗った蓋をする。ふくらみが足りないときは、さらに時間を追加する。

 


7.予熱をしたオーブンに入れ30分焼き、取り出したら高いところから落としてショックを与える。
  (パンのヘタリを防止するため)型から取り出し、パンを冷ます。