キャラメルのシャルロット

 
 橋本 道子先生(はしもと みちこ)

     講師プロフィール
 福島県生まれ

 天秤座・・・B型

 家族構成・・・寡黙な夫、天然不思議系の男の子1人

 趣味・・・・食べ歩き、ショッピング、読書

 資格・・・・薬剤師免許、調理師免許
 以前は、医療機器メーカーや調剤薬局に勤務。
 子供が生まれて、家にいる時間が増えたのを機に、お菓子作りに夢中になる。

 今田美奈子お菓子教室製菓コースディプロマ取得
教室を始めるまで   
子供が生まれてから、本格的に習い始める。
自宅に講師の先生を招いたり、託児つきのお菓子・フレンチの両サークルを立ち上げ、勉強を続ける。
現在は東京にてプロのパティシエの講義を受けている。
講師経験 
 2003年から友人らにお菓子作りを教え始める。2年後に自宅を新築したのを機に、本格的にお菓子教室 「アングレーズお菓子教室」をスタート。
詳しくは橋本 道子先生のホームページをご覧下さい。

アングレーズお菓子教室ホームページ
http://www.k5.dion.ne.jp/~anglaise/index.html
※レシピ等のお問い合わせはご遠慮下さい。

 
 シャルロットとは貴婦人の帽子という意味で、帽子のような可愛らしいシャルロット型で作ります。型離れがいいので、とっても楽に取り出せます。




※当ページ記載内容はすべて橋本 道子先生の直接の許可をいただいて掲載してあるものです。
※レシピ及び画像その他掲載内容は橋本道子先生に著作権があります。

印刷用レシピはこちらから→ 
(ファイル→印刷をお選び下さい)


 材料 
14cmプロアスターシャルロット 1台分 
            

ババロア・オ・キャラメル
グラニュー糖 150g
水(A) 20ml
牛乳 300ml
卵黄 4個分
粉ゼラチン 10g
水(B) 50ml
生クリーム 150ml
飾り
フィンガービスケット 16本〜17本
生クリーム 適宜
バナナ 適宜
キャラメルソース 適宜

     





  準備
・粉ゼラチンは水(B)に振り入れ、ふやかしておく。

 


・生クリームは氷水で冷やしながら6分立てに泡立て、冷蔵庫で冷やしておく。

 


  作り方
1.小鍋で牛乳を沸かしておく。別の鍋にグラニュー糖のうち100gと水(A)を入れ、火にかけて煮詰め、キャラメルを作る。
  キツネ色よりやや濃い色になったら火を止め、牛乳を2〜3回に分けて加える。
  もう一度火にかけ、沸騰直前まで沸かしておく。
 
   


2.ボールに卵黄と残りのグラニュー糖50gを白っぽくなるまですり混ぜる。
  そこに1.を少しずつ加えながら混ぜ合わせ、鍋に戻す。

   
 
 


3.弱火にかけ、木ベラで鍋底を焦がさないように混ぜながら火を通す。
  とろみがつき、木ベラについた液に指の跡が残る状態まで。

   


4.火から下ろし、ゼラチンを加え溶かす。漉し器を通してボールに移してから、氷水で冷やして軽くとろみをつける。

   



5.生クリームのボールに冷えた4.を加え、ホイッパーで混ぜる。
  その後、ゴムベラに持ちかえ、混ぜ合わせ、型に流す。冷蔵庫でしっかり冷やし固める。

  


6.中心まで固まったら、型の周りとババロアの間をナイフの先を使ってぐるっと一周させる。
  ババロアを指で押しながら型から外すように軽く隙間を作りながら一周する。

 



7.皿に乗せ、一か所隙間を作ってやり、型から出す。

 


8.泡立てた生クリームを糊代りにフィンガービスケットにつけ、ババロアの周りに張り付ける。
  輪切りにしたバナナを飾り、キャラメルソースを回しかける。