オレンジとバナナのティラミス

 
 橋本 道子先生(はしもと みちこ)

     講師プロフィール
 福島県生まれ

 天秤座・・・B型

 家族構成・・・寡黙な夫、天然不思議系の男の子1人

 趣味・・・・食べ歩き、ショッピング、読書

 資格・・・・薬剤師免許、調理師免許
 以前は、医療機器メーカーや調剤薬局に勤務。
 子供が生まれて、家にいる時間が増えたのを機に、お菓子作りに夢中になる。

 今田美奈子お菓子教室製菓コースディプロマ取得
教室を始めるまで   
子供が生まれてから、本格的に習い始める。
自宅に講師の先生を招いたり、託児つきのお菓子・フレンチの両サークルを立ち上げ、勉強を続ける。
現在は東京にてプロのパティシエの講義を受けている。
講師経験 
 2003年から友人らにお菓子作りを教え始める。2年後に自宅を新築したのを機に、本格的にお菓子教室 「アングレーズお菓子教室」をスタート。
詳しくは橋本 道子先生のホームページをご覧下さい。

アングレーズお菓子教室ホームページ
http://www.k5.dion.ne.jp/~anglaise/index.html
※レシピ等のお問い合わせはご遠慮下さい。

 
 こっくりとしたティラミスも美味しいけれど、ふんわりさっぱりのティラミスもおすすめです。
この軽さは、オレンジの果汁とメレンゲのなせる技。
エミール・アンリ・オーバル・ベーキング皿(L)でたっぷりつくっても足りなくなるかも!?




※当ページ記載内容はすべて橋本 道子先生の直接の許可をいただいて掲載してあるものです。
※レシピ及び画像その他掲載内容は橋本道子先生に著作権があります。

印刷用レシピはこちらから→ 
(ファイル→印刷をお選び下さい)


 材料 
エミール・アンリ オーバル ベーキング皿 L 1台分) 
            

インスタントコーヒー 10g
グラニュー糖(A) 25g
お湯 100〜200ml
マスカルポーネ 250g
卵黄 2個分
ブランデー 大さじ1
卵白 2個分
グラニュー糖(B) 45g
フィンガービスケット 1箱(20本)〜2箱(40本)
バナナ 1本
オレンジ 2個
ココア 適量

     





  準備
・卵白はボールに入れ、ボールごと冷蔵庫で冷やしておく
・オレンジは皮をむき、実を外す。薄皮に残った実は手で絞り、果汁を取っておく(約50ml)

 

・バナナは皮をむき、7〜8mmの斜め切りにしておく
 

  作り方
1.インスタントコーヒーとグラニュー糖(A)にお湯を注ぎ良く溶かす。

 



2.ボールにマスカルポーネを入れ、ホイッパーでなめらかにしたら、卵黄を加え良く混ぜる。
混ざったらブランデーとオレンジ果汁も加え、混ぜ合せる。

   


3.卵白を軽くほぐし、グラニュー糖(B)のうち小さじ1ほど加え、ハンドミキサーで白っぽくなるまで泡立てる。
残りのグラニュー糖を2回に分けて加えながら、角がピンと立つまで泡立てる。

   


4.2.のボールに3.のメレンゲのひとすくいを入れ、ホイッパーでよく混ぜる。残りのメレンゲを加えたら、泡をつぶさないようゴムベラで切るように混ぜる。

   

 



5.ベーキング皿にフィンガービスケットの半量を並べ、コーヒーシロップをたっぷりと柔らかくなるまで刷毛で染み込ませる。
その上にバナナとオレンジの半量を並べ4.の半量を塗る。
これをもう一度繰り返し、表面を平らにならす。仕上げにココアを茶漉しでたっぷりとふる。

   

 

 写真では、フィンガービスケット1箱に対し、お湯100mlで作ったシロップを使っていますが、
 もっとボリューム感が欲しい場合は、フィンガービスケット2箱にお湯200mlで作ったシロップを打ってください。