ショートブレッド

 
 橋本 道子先生(はしもと みちこ)

     講師プロフィール
 福島県生まれ

 天秤座・・・B型

 家族構成・・・寡黙な夫、天然不思議系の男の子1人

 趣味・・・・食べ歩き、ショッピング、読書

 資格・・・・薬剤師免許、調理師免許
 以前は、医療機器メーカーや調剤薬局に勤務。
 子供が生まれて、家にいる時間が増えたのを機に、お菓子作りに夢中になる。

 今田美奈子お菓子教室製菓コースディプロマ取得
教室を始めるまで   
子供が生まれてから、本格的に習い始める。
自宅に講師の先生を招いたり、託児つきのお菓子・フレンチの両サークルを立ち上げ、勉強を続ける。
現在は東京にてプロのパティシエの講義を受けている。
講師経験 
 2003年から友人らにお菓子作りを教え始める。2年後に自宅を新築したのを機に、本格的にお菓子教室 「アングレーズお菓子教室」をスタート。
詳しくは橋本 道子先生のホームページをご覧下さい。

アングレーズお菓子教室ホームページ
http://www.k5.dion.ne.jp/~anglaise/index.html
※レシピ等のお問い合わせはご遠慮下さい。

 
 紅茶のお供でおなじみのショートブレッド。
いつもの四角もいいけれど、たまにはおめかしして花の形のタルト型もおしゃれ。
切り分けると涙型になって、それも可愛いですよ。




※当ページ記載内容はすべて橋本 道子先生の直接の許可をいただいて掲載してあるものです。
※レシピ及び画像その他掲載内容は橋本道子先生に著作権があります。

印刷用レシピはこちらから→ 
(ファイル→印刷をお選び下さい)


 材料 
アルスター フラワータルト22 1台分) 
            

無塩バター 120g
薄力粉 150g
上新粉 50g
グラニュー糖 50g
ひとつまみ

     





  準備
・無塩バターは1cm角に切り、使う時まで冷やしておく
・オーブンは150℃に予熱


  作り方

1.フードプロセッサーに薄力粉・上新粉・グラニュー糖・塩を入れて蓋をし、10秒程度撹拌する。

  


2.全体が混ざったら、角切りのバターを入れて、撹拌する。
  途中、バターが細かくなってサラサラになるが、そのまま撹拌し続けひと塊りになったら取り出す。

   


3.生地を2枚のラップではさみ、フラワータルト型の大きいところに合わせて麺棒で伸ばす。

  


4.ラップをはがしてフラワータルト型に敷き込み、余ったところはナイフで切り取りながら、平らに整える。

  


5.周囲をぐるっとフォークで押さえ、模様をつける。
  ナイフで生地の半分くらいまで切り取り線をいれておく。最後に竹串を使って、穴を開けておく。

   


6.150℃に予熱したオーブンで40分〜45分、焼き色がつかないように焼く。
  焼きあがったら粗熱を取ってから型から外し、冷める前に切り取り線にもう一度ナイフを入れ、切り分ける。