ホットドッグパン

 
 橋本 道子先生(はしもと みちこ)

     講師プロフィール
 福島県生まれ

 天秤座・・・B型

 家族構成・・・寡黙な夫、天然不思議系の男の子1人

 趣味・・・・食べ歩き、ショッピング、読書

 資格・・・・薬剤師免許、調理師免許
 以前は、医療機器メーカーや調剤薬局に勤務。
 子供が生まれて、家にいる時間が増えたのを機に、お菓子作りに夢中になる。

 今田美奈子お菓子教室製菓コースディプロマ取得
教室を始めるまで   
子供が生まれてから、本格的に習い始める。
自宅に講師の先生を招いたり、託児つきのお菓子・フレンチの両サークルを立ち上げ、勉強を続ける。
現在は東京にてプロのパティシエの講義を受けている。
講師経験 
 2003年から友人らにお菓子作りを教え始める。2年後に自宅を新築したのを機に、本格的にお菓子教室 「アングレーズお菓子教室」をスタート。
詳しくは橋本 道子先生のホームページをご覧下さい。

アングレーズお菓子教室ホームページ
http://www.k5.dion.ne.jp/~anglaise/index.html
※レシピ等のお問い合わせはご遠慮下さい。

 
 型離れがよく、手入れも簡単なテフロン加工のホットドッグ型。
シンプルな形のものほど形を揃えるのは難しいのですが、この型があれば大丈夫。
型に沿って形良く、ふんわり焼き上がります。




※当ページ記載内容はすべて橋本 道子先生の直接の許可をいただいて掲載してあるものです。
※レシピ及び画像その他掲載内容は橋本道子先生に著作権があります。

印刷用レシピはこちらから→ 
(ファイル→印刷をお選び下さい)


 材料 
テフロンホットドッグ型2 6個分)

ドッグパン
強力粉 300g
インスタントドライイースト 6g
4g
上白糖 30g
スキムミルク 15g
ショートニング 30g
195g
溶き卵 適宜
サンド用の具
ロングウインナー 6本
刻み玉ねぎ 大さじ6
レリッシュ(みじん切りピクルス) 大さじ6
ケチャップ・マスタード・パセリ 適宜

     





  準備
キッチンエイド使用。ニーダー又はHBの場合は「ふんわりやわらか角食パン」参照)
・ミキシングボールが冷たい場合はお湯を入れて温める
・水の温度を調整する(冬30℃〜夏5℃)
・ドゥーフックを取り付ける
・一次発酵用のボールと型の内側にショートニングを塗る。


  作り方
ニーディング(こね) 13分
一次発酵 40分
丸め
ベンチタイム(休め) 15〜20分
成形
仕上発酵 25〜30分
焼成 (ガス)170〜180℃ 10分

1.ミキシングボールに粉を入れ、その上にイースト、上白糖、塩、スキムミルクを乗せる。
  全体をざっと混ぜたら速度2にし、粉が回っているところに水を注ぐ。
  混ざってなめらかになったら、ショートニングを加えて速度3にし、そのまま13分こねる。
  ドゥーフックに生地が絡むので、時々ゴムベラでフックとボールについた生地をこそげ落として捏ねると状態の良い生地になる。
  生地を伸ばして薄い膜になれば捏ね上がり。

   
  

2.生地を軽く丸めなおし、ボールに入れてラップをふんわりかける。
  一次発酵40分。生地が2〜2.5倍になったところで、指に強力粉をつけ、第二関節まで生地に差し入れる。
  穴が戻らなかったら発酵完了。(戻ったら発酵不足、生地がつぶれたら過発酵)。

   

3.パンマットの上に生地を取り出し、93gで6分割する。それぞれの生地の手前を向こう側にたたむ。
  合わせ目を上にして90°角度を変えて同じようにもう1回たたむ。
  合わせ目を下にして6の字を書くように4〜5回優しく丸める。

   

4.そのまま、生地の上にキャンバス生地の半分をかけ、その上に固く絞った濡れ布きんをかけて、ベンチタイム15〜20分。

 

5.生地を裏返し軽く手のひらで押さえたら、麺棒で楕円に伸ばす。
  伸ばした生地を横長に置き、上1/3の生地を折りたたむ。
  下1/3の生地も同様にし、真中で重ね合わせ手で押さえて空気を抜くようにする。
  さらに半分に折り、閉じ目を指でつまんでしっかりと貼り合わせていく。
  パンマットの上で両手で転がし、型の長さになるように伸ばしてから、閉じ目が下になるように型の上に置く。

   
   
   
 

6.仕上げ発酵を25〜30分。型いっぱいに膨らんでいたら発酵終了。生地の表面に溶き卵を塗り、網に並べる。

  
 

7.170〜180℃で10分、こんがりと焼き色がつくまで焼く。取り出したら型から外し、網の上で冷ます。

 
 

8.切れ目を入れたドッグパンに、焼いたソーセージを挟み、玉ねぎとピクルスを乗せ、
  ケチャップ・マスタード・パセリをかける。(玉ねぎの辛みが苦手な方は、水にさらして水気を切って使用する)