※当ページ記載内容はすべて田中ちあき先生の直接の許可をいただいて掲載してあるものです。


※レシピ及び画像その他掲載内容は田中ちあき先生に著作権があります。

プロフィール
姫路市在住。
大学卒業後、会社勤務を経て、夢をかなえるべく洋菓子の道を志す。
以後洋菓子店にて8年勤める。途中フランスの料理学校ル・コルドンブルーに留学し、製菓を学ぶ。結婚を機に2001年からは自宅で少人数制のお菓子教室を始める。

お菓子教室 ヴェリタブルのホームページ

http://www.eonet.ne.jp/~v-table/
※レシピ等のお問い合わせはご遠慮下さい。
田中 ちあき先生 (たなか ちあき)

 くるみのガレット

  

 ちょっと分厚く焼いたガレット。粗くかるい食感が独特です。
リッチな配合のガレットはとても形が崩れ易いので18-8ステンレスリング直径7cmにはめ込んで焼きます。


 
材料 
 
18-8ステンレスリング直径7cm 10コ分
            

無塩バター 90g
薄力粉 110g
アーモンドパウダー 15g
0.5g(約小さじ1/10
グラニュー糖 55g
くるみ 50g
粉糖 適量

     


  準備
・レシピはすべてガスオーブンを使用。
・バターは1cm角のサイコロ状に刻み、冷凍庫で約30分冷やしておく。
・くるみは約140℃のオーブンで約10分空焼きして細かく刻んでおく。

  作り方
1.薄力粉、アーモンドパウダー、塩(極少量の計量はmany many make 微量計が便利。)は合わせて3回ふるってボールに入れ、
ここに予めサイコロ状に切って冷凍庫で冷やしておいたバターを加える。(写真 a)

  a


2.カードを使ってまわりの粉類をまぶしながら、バターを予め切っておいたサイコロ状にほぐす。(写真 b)

  b


3.Aの状態になれば、今度は手のひらを擦り合わせながら、バターと粉類をなじませる。粉チーズのような状態になる。(写真 c)

  c


4.ここにグラニュー糖、準備しておいたくるみを加え、全体にいきわたるように混ぜたら、生地を握るようにしてまとめ、
ほぼまとまれば最後に少しだけ捏ねる。(写真 d)こうすれば生地が滑らかにまとまる。冷蔵庫で30分以上休ませる。

  d


5.休ませた生地を少し揉み、台に打ち粉(強力粉)をしながら7mm厚さに麺棒でのばす。


6.18-8ステンレスリング直径7cmで抜き(写真 e)、そのままクッキングシートを敷いた鉄板に並べていく。(写真 f)

  e   f
 

 
7.約160℃のオーブンで約25分きれいなきつね色になるまで焼く。(写真 g

  g


8.リングを外し、冷ます。完全に冷めれば粉糖をふって仕上げる。