※当ページ記載内容はすべて田中ちあき先生の直接の許可をいただいて掲載してあるものです。


※レシピ及び画像その他掲載内容は田中ちあき先生に著作権があります。

プロフィール
姫路市在住。
大学卒業後、会社勤務を経て、夢をかなえるべく洋菓子の道を志す。
以後洋菓子店にて8年勤める。途中フランスの料理学校ル・コルドンブルーに留学し、製菓を学ぶ。結婚を機に2001年からは自宅で少人数制のお菓子教室を始める。

お菓子教室 ヴェリタブルのホームページ

http://www.eonet.ne.jp/~v-table/
※レシピ等のお問い合わせはご遠慮下さい。
田中 ちあき先生 (たなか ちあき)

 ビスキュイ ド サヴォワ

  

 フランスの南東部、サヴォワ地方に古くから伝わる素朴な焼き菓子。
 コーンスターチを使ったこのお菓子はとても口当たりが軽く、ふわっとした食感。
 油脂が入らないヘルシーなケーキでもあります。
 とても装飾的なサヴォワ型で焼くのも綺麗ですが今回使った型はノルディックのディジーケーキパン
 仕上げは粉糖でシンプルに。



 
材料 
 
ノルディック ディジーケーキパン 1台分

卵黄 5コ
グラニュー糖 50g
卵白 5コ(200g)
グラニュー糖 125g
薄力粉 70g
コーンスターチ 70g
オレンジの皮 1コ分
オレンジ果汁 40g
粉糖(仕上げ用) 適量

     

  準備
・ 型に熱くしたすましバターを刷毛で薄く塗り、強力粉をたっぷりと振りかけてから、しっかりと余分な粉を落としておく。
 生地を流すまで冷蔵庫に入れておく。
 (バターを塗る際、すましバターが熱くないとバターが厚塗りになってしまい、強力粉がダマになって付いてしまうので注意!)
・ ガスオーブン使用。
・ オレンジを洗剤とスポンジでよく洗い、マイクロプレーン(プロシリーズ ファインスパイス#38004)で皮を摩り下ろし、果汁を絞っておく。
 (このマイクロプレーンのグレーダーは本当に優れものです。力が要らず、表面の皮だけをしっかりと削ることができます。)

  
  
  


  作り方

@ ボールに卵黄を入れてときほぐし、グラニュー糖50gを加えてすぐにハンドミキサーで泡立てる。
  白っぽくリボン状になるまで泡立てる。

  


A 別のボールに卵白を入れてときほぐし、グラニュー糖125gからひとつまみ加えて、ハンドミキサーで泡立て始める。
  白っぽく、モコモコと泡立ってきたら(下写真1枚目)、残りのグラニュー糖を数回に分けて加え、泡立て続ける。
  次第にしっかりと泡立ち、ツヤもよくなってくる。角がしっかり立つが、のびもあるメレンゲに仕上げる。

  
  
  
  


B @のボールにオレンジの皮、果汁を加えよく混ぜ合わせる。

  


C AのメレンゲにBを全て加え、泡立て棒で底から大きく混ぜ合わせる。

  

D Cの生地が完全に混ざりきらないうちに、合わせてふるっておいた薄力粉とコーンスターチを4〜5回に分けて加え
  ヘラで混ぜ合わせる。最後はツヤがでるまで、よく混ぜ合わせる。

  
  


E 用意しておいた型に生地を流し、約160℃のオーブンで約35分焼く。
  焼き上がったらオーブンから出し、そのまま10分放置する。10分経てば、型からはずしてクーラーにのせて冷ます。
  完全に冷めれば粉糖をふって仕上げる。
  やさしい味のケーキなので、酸味のあるジャムや泡立てた生クリームを添えるとよい。